すごい勢いで市場拡大してるe-BIKEはMTBがおすすめ!自転車通勤・通学を考えてる人はロードよりこっちだよ!

ソロ活
この記事は約15分で読めます。

e-BIKE(イーバイク)とは電動アシスト自転車のこと。

日本で俗にいう「ママチャリ」に電動アシストが付いたYAMAHAのPAS(パス)などは子供を乗せて買い物に出かけるママさん達にすでに大人気ですが、e-BIKEはMTB(マウンテンバイク)やロードバイクなどのスポーツ車に「スポーツ車専用」の電動アシストが付いたもの。

このe-BIKEという分野に次々と新製品が登場しており、各自転車メーカーもやる気満々の模様。

今回はこのe-BIKEの実情と今後の盛り上がり予想について語ってみたいと思います。

e-BIKEが日本で流行するのは必然

電動アシスト付き自転車の元祖って知ってますか?

それは冒頭にも挙げたYAMAHAのPAS(パス)なんです。

この世界初のe-BIKEは日本で売れに売れ、今ではママさん達のスタンダードにもなろうとしています。

しかし、なぜこの技術が他の種類の自転車にも広がりを見せなかったのか。

それはMTBやロードバイクに電動アシストを付けることが邪道だからということではありません(笑)

ただ単に「世界的な流行にはならなかった」ことだと考えます。

 

世界がやっと追いついてきた(笑)

 

でも、それだけの理由ではありません。

ここ数年で大きな技術的な飛躍があったからだと考察します。

スポーツ車の欠点を補うスポーツ車専用の電動アシストが開発されたこと。

バッテリーの小型・軽量化が実現し、より現実的な製品が作れるようになったこと。

そんな背景が今の世界的なe-BIKEの流行にあるのだと思います。

e-BIKEの種類

現行のe-BIKEにはこのような種類があります。

  • 小径車(折り畳み自転車など)
  • マウンテンバイク(MTB)
  • クロスバイク
  • ロードバイク
  • ファットバイク

日本でも最近よく見かけるのが小径車のe-BIKE。

それは「レンタサイクル」のe-BIKEです。

あれ、ものすごく早いんですよね!

通勤にクロスバイクを使っている私を涼しい顔で抜いていきやがるんです(笑)

ただ、正直言うと日本の街中でMTBやロードバイク等がバッテリーを積んでいるのをあまり見かけたことがありません。

レンタルの小径車ばっかり…

しかし、日本においても第二次電動アシスト自転車ブーム(e-BIKEブーム)が起こることは必須です。

その理由は通勤・通学・ビジネス用に自転車を使う人が増加しているからです。

通勤・通学・ビジネス用に自転車を使う場合、基本的に街中を走ることになります。

アスファルトの上で自転車をせこせこ漕いでいると、意外と疲れるんですよね(汗)

そして信号の多い都心ではなおさら。赤で止まって青で走り出す。その漕ぎ出しの重さがしんどい

スーツや制服が汗まみれになってしまいます(笑)

そんな問題を解決してくれるのが電動アシスト、すなわちe-BIKEなんです!

一番おすすめしたいMTB(マウンテンバイク)のe-BIKE

MTBと言えば、タイヤが太くサスペンションが効いた「乗り心地の良い」自転車。

しかし、タイヤが太いがために路面との摩擦が生じ、いまいちスピードが出ない。

サスペンションが効いていることにより、走り出しが悪い。

そんな問題を電動でアシストしてくれるのがe-BIKE

走り出し時は全力でサポート。通常走行中はそれなりにサポート。

そんなイメージでMTBの欠点を補ってくれます

乗り心地が良くてスピードが出て疲れない自転車。

そう!MTBのe-BIKEこそ「街乗り最強」の自転車なんです!

そんな理由でe-BIKEというカテゴリーで一番製品数が多いのがMTB。

そのMTBのe-BIKEの中からおすすめの車種をご紹介したいと思います。

MIYATAの「RIDGE-RUNNER」

出典:MIYATA自転車

国産自転車メーカーとしてはかなり有名なミヤタサイクルからこの春に登場したのが「RIDGE-RUNNER(リッジランナー)」です。

注目すべくはそのスペック。

先進のヨーロッパ諸国向けに開発されたシマノ製の電動アシストコンポーネント「STEPS(Shimano Total Electric Power System)」を採用しており、軽量且つコンパクトなそのドライブユニットはMTBの走行において的確なポイントで違和感のない「ちょうど良い」アシストを実現してくれます。

■スペック

フレームRIDGE-RUNNER Alloy Special edition 27.5
ホークSR SF18 RAIDON34 DS BOOST RCR
ヘッド小物FPD DOZER-1280A 1-1/8&1-1/2 アルミ
ハンドルバーアルミ ブラック W=740mm
ハンドルステムアルミ ブラック L=55mm 7° D35mm
FブレーキShimano DEORE HYDRODISC w/180mm Rotor
RブレーキShimano DEORE HYDRODISC w/180mm Rotor
ギヤクランクShimano STEPS SM-CRE80 w/CG 34T+ FC-E8000CX 170mm
チェーンデバイスShimano STEPS SM-CDE80
リムALEX MD35 27.5 32H
ハブShimano DEORE F/15mm E-Thru R/12mm E-Thru
スポークattached
タイヤ/ チューブKENDA K1184A 27.5 2.8 F/V w/KENDA logo
チェーンShimano CN-E6090-10 118LINK
ロックBattery Lock
ブレーキレバーShimano DEORE M6000
フリーホイールShimano CS-HG500-10 11-42T
リヤディレーラーShimano DEORE RD-M6000 SGS 10S
サドルMiyata Original w/Miyata logo
シートピラーDropper Seat Post ブラック φ =31.6mm ストローク長100mm
ペダルFPD NWL-492 アルミ ブラック
グリップTC-G119 ブラック 130mm TWO RED RING
シフトレバーShimano DEORE SL-M6000R
サイクルコンピューターShimano STEPS SC-E6010
ドライブユニットShimano STEPS DU-E8080 250W
バッテリーShimano STEPS BT-E8010 36V 14Ah
付属品ベル、リフレクター、バッテリーランプ、充電器

発売されたばかりの「RIDGE-RUNNER」ですが、既に通販での購入が可能です!

公式:MIYATAのe-BIKE

Panasonicの「XM1(エックスエムワン)」

続いては最近自転車にも力を入れているPanasonic(パナソニック)の「XM1(エックスエムワン)」です。

この車種は2017年9月に発表されて以来、そのコスパの高さからかなり人気のようです。

私が注目するのはこのデザイン!

フレームの美しさ、Panasonicのロゴ、バッテリーのコンパクトさ…そして

液晶パネルのカッコよさ!!

さすが家電メーカーと言わざるを得ないデザインの液晶パネル。

ケイデンスまで測れると良かったのに…とか電動アシストしてもらってるのにケイデンスとか不要ですね(笑)

とにかく「どこを取ってもカッコいい!」PanasonicのXM1なんです!

■紹介動画

■スペック

品番BE-EXM40
フレームサイズ400mm
カラーB:マットチャコールブラック(B8L)
K:マットバーニングリーブス(K1B)
完成車質量21.8kg
適応身長157cm~183cm(股下72~84cm)
フレームアルミフォーミング(ワイヤ内蔵タイプ)エンド幅:135mm 樹脂製モーターアンダーガード付
フロントフォークSR SUNTOUR RAIDON-XC RLR DS 15QLC32 27.5″” 100mmトラベル リモートレバー付
1-1/8~1-1/2アルミステム E-Thru 15mm 15QLC32-100
ヘッドパーツゼロスタック 1-1/8~1-1/2 アルミステム用
ハンドルハンドルバーアルミ フラットバー クランプ径Φ31.8mm W:580mm
ハンドルステムアルミ アヘッド クランプ径Φ31.8mm EXT:90mm -10°
グリップアルミロックリングタイプ
シートサドルSELLE ROYAL MILO-1402HRN Cr-Moレール
シートポストアルミワンボルトタイプ スケール付 Φ30.9mm L=350mm
シートバンドΦ34.9mm QRタイプ
ホイールタイヤMAXXIS IKON ebike 27.5×2.2 仏式バルブ
リムアルミ 32H
ハブシマノ DEORE HB-M6010 E-Thru 100×15mm 32H/ FH-M6000 OLD:135mm QR 32H
ドライブ
トレイン
リアメカシマノ SLX RD-M7000-10 SGS
シフトレバーシマノ SLX SL-M7000-10ーI (I-SPEC) ラピッドファイヤープラス
ギヤクランクアルミクランク L=170mm / スチールチェーンリング 41T 樹脂ガード付
フリーホイルシマノ CS-HG50-10 11×13×15×17×19×21×24×28×32×36T
チェーンシマノ CN-E6090-10
ペダルVP VP-558 リフレクター付 アルミ
ブレーキタイプシマノ SLX BR-M7000 油圧ディスク レジンパッド, 前:SM-RT81 Φ160mm 後:SM-RT81 Φ160mm
レバーシマノ SLX BL-M7000
その他モータースポーツドライブユニット(直流ブラシレスモーター 250W)
スイッチ/ディスプレイセンター液晶ディスプレイ(操作ユニット、表示ユニット)
バッテリーセミインテグレーテッドバッテリー(SiB) リチウムイオン 8Ah(36V) ※25.2V換算値で11.4Ah相当
充電器交流100V用急速充電器(NKJ072Z) 充電時間 約3.0時間
付属品ハイパワーLEDスポーツライト(Panasonic SKL085 単4形乾電池タイプ)、ベル(バンド止め)、リフレクター(フロント、リヤ、スポーク、ペダル)、1キー2ロックワイヤ錠(ディンプルキー)

こちらのPanasonic XM1も通販での購入が可能です。

Panasonic(パナソニック) 電動アシスト自転車 XM1 電動アシストマウンテンバイク BE-EXM240 マットチャコールブラック
パナソニック(Panasonic)

公式:Panasonic XM1

なお、よりトレイルライド向きのXM2も発売されています。

こちらはフロント2段のリア10段の20段。
正直、わたしはe-BIKEにここまで細かなギアは必要ないと思っています。
それをアシストしてくれるのがe-BIKEなのですから。

公式:Panasonic XM2

さらにXM2の後継でXMD2というモデルも発売されています。
最大の特徴はスレッシュホールド機構付きリヤショックユニットでしょう。
更にオフロード寄りのマシンへと進化しました。

公式:Panasonic XMD2




YAMAHAの「YPJ-XC」

続いてはPASでこの世に電動アシスト自転車を生み出したYAMAHAのe-BIKE「YPJ-XC」です。

2018年7月18日発売予定のこの「YPJ-XC」の特徴はまさにPASで培ったエンジン部分

E-MTB向けドライブユニット「PW-X」はYAMAHAの独自技術で、乗り手の入力にクイックに応答するエクストラパワーモードというものを搭載しています。

要するに強く漕ぎたいと思ってペダルを強く踏み込むと、瞬時に電動アシストが働き補助してくれるというもの。

上り坂など起伏の険しい環境において、自然と力を貸してくれる。

この「自然」は重要です。

電動アシスト自転車って急にアシストしてくれるもんだから、漕ぎ出しとか力を入れる瞬間って想像以上に軽くてふわっとなって怖いんですよね(汗)

このエクストラパワーモードはYAMAHAがPASを売ってきた経験から生み出されたYAMAHAの他社とは違う観点の「発明」だと思います。

■スペック

YPJ-XC (L)YPJ-XC (M)YPJ-XC (S)
寸法全長1,865mm1,835mm1,810mm
全幅740mm
サドル高845〜1,085mm800〜990mm770〜935mm
タイヤサイズ:前後27.5×2.25
適応身長のめやす *1178cm以上165cm以上156cm以上
車両重量21.3kg21.2kg21.2kg
性能一充電走行距離 *2エクストラパワーモード85km
ハイモード90km
スタンダードモード108km
エコモード148km
プラスエコモード225km
電動機形式ブラシレスDCモーター
定格出力240W
変速方式外装11速(前1速×後11速)
バルブ形式仏式バルブ
電池種類リチウムイオン電池
電圧/容量36.0V/13.3Ah *3
充電時間約3.5時間
主な自転車仕様フレームアルミ製
フォーク(フロントサスペンション)ROCKSHOX RECON GOLD 120mm
タイヤMAXXIS 27.5×2.25
ハブタイプスルーアクスル
シフターSHIMANO SLX
フロントディレイラー
リヤディレイラーSHIMANO SLX
フロントチェーンリング1速 36T
カセットスプロケット11速 11〜42T
ブレーキ(前)SHIMANO SLX 油圧式ディスクブレーキ 180mm
ブレーキ(後)SHIMANO SLX 油圧式ディスクブレーキ 180mm
付属品
カラーMat Pure Silver

YAMAHA 「YPJ-XC」も通販での購入が可能です。
通販サイトにおいてポイントがたくさん付くタイミングで購入するとお得だと思います。

公式:YAMAHA YJP-XC

GIANTの「GIANT Dirt E+」

続いてはGIANTの「Dirt E+」です。

残念ながら現状においてヨーロッパ限定モデルです。

 

カッコいい!

 

日本で発売されたら絶対に人気機種になりますね!

しかし…このフォルム…

 

PanaのXM1に似てませんか(笑)

 

遠目で見えないって?

なんとなくこの「森」な感じがカッコよくて、この写真採用しました(笑)

詳しくはGIANTの公式サイトで。

公式:GIANT Dirt E+



Specializedの「Turbo Levo FSR Carbon」

あのSpecialized(スペシャライズド)からは既にカーボンフレームのe-BIKEが登場しています。

その名も「Turbo E-BIKE」です。

こちらも現状は海外限定です(泣)

電動アシスト付いたカーボン車ってどんな走りをするんでしょう?

想像しただけでわくわくしちゃいます!

Specializedはかなりe-BIKEに力を入れています。

それはSpecializedの公式サイトをご覧いただければ理解していただけるでしょう。

日本での発表が待ち遠しいです!!

公式:Specialized Turbo E-BIKES

まとめ

今回は「通勤・通学」におすすめなMTBのe-BIKEということでお話しさせていただきました。

MTBのe-BIKEは「街乗り」だけじゃなく「サイクリング」「ヒルクライム」…1台で幅広く使えるというところも魅力なんです。

下手なロードにも負けませんよ?涼しい顔で抜いてやりましょう(笑)

この記事をご覧いただいてお気づきだと思いますが、各メーカーから続々と「新発売!」な状況なんです。

これからのe-BIKE。夜明け前のe-BIKE。

人気が出る前だからこそ!自転車屋が高飛車な対応に出る前だからこそ!「今が買い」なんだと思います。

個人的にはPanaが欲しい…買っちゃおうかな…

以下、関連記事もありますので、併せてご覧ください。

 

海外メーカーのe-BIKEの動向についてまとめています。

 

ロードバイクタイプのe-BIKE「e-road」に試乗しました。
ロングライドならMTBタイプよりもロードバイクタイプをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました