プレミアムマイクロファイバー毛布が気持ち良すぎるぞ!軽量で温かい、そして価格も安いのでおすすめです【mofua(モフア)レビュー】

プレミアムマイクロファイバー毛布が気持ち良すぎるぞ!軽量で温かい、そして価格も安いのでおすすめです【mofua(モフア)レビュー】

寒い冬、ついつい暖房をつけてしまいがちですが、そうすると室内が乾燥し、お肌カサカサ、髪はボロボロ。
インフルエンザなどの菌の蔓延も気になるところです。

そんなとき、わたしは暖房はつけず、毛布をかけます。
足元が寒ければ足に、肩が寒ければマントのようにくるまります。

さすがにお客さんが来たときは暖房をつけます。
みんなでミノムシになるわけにはいきませんからね(笑)

最近の毛布は薄くて軽くて暖かくて、しかも肌触りも良い。
特に素晴らしいのが、話題のプレミアムマイクロファイバー毛布
この毛布に出会ったとき、感動を覚えました。
触れていてとても気持ちいいんです。

今回はそんなプレミアムマイクロファイバーを使った毛布やひざ掛け(ブランケット)など、エコでクリーンな防寒対策にもってこいな商品をいくつかご紹介させていただきます。



プレミアムマイクロファイバーとは

出典:Amazon(mofua)

一般的にマイクロファイバーというと超吸水タオルで有名ですが、プレミアムマイクロファイバーとは別物です。
上の図をご覧いただければおわかりだと思いますが、繊維が圧倒的に細い。
あのシルクやアンゴラよりも細いんです。

この繊維の細さが生み出すもの。
それは肌触り軽さです。
ついついナデナデしてしまうくらいに気持ちの良い肌触り。
そしてマントのようにまとっても重さを感じない軽量性。
プレミアムという名に負けない素材だと思います。

 

出典:Amazon(mofua)

肝心な温かさはどうか。
わたしは体感しているのでこの温かさを知っていますが、そのメカニズムは知りませんでした。
上の図のとおり、密集した極細繊維の隙間に空気の層が生まれ、体の熱を蓄えるそうです。
毛布が発熱しているのではないかと思うほどに温かい
しかし実際にはそうではなかったのですね(笑)

その他、プレミアムマイクロファイバーのメリットを挙げるとすれば、メンテナンス性価格です。

洗濯機の手洗いコースで洗え、しかも乾くのが早い
冬場でも天気が良い日の朝に洗って外に干しておけば、夕方には乾いています。
乾燥している冬ですので、部屋干しでも乾きます。
部屋の湿度を上げる効果もあるので、一石二鳥ですね。

そして重要なのが価格。
プレミアムという名から高そうに感じてしまいますが、これがまた驚くほど安い
カシミヤやシルクなどと比較すると雲泥の差です。

天然素材には天然素材の良さがあります。
特にシルクは肌に優しく保湿効果も高いので、ナイトキャップや寝間着などの素材に使われ、愛用者も多いのです。

高価な天然素材を選ぶか、安価なプレミアムマイクロファイバーを選ぶか。
それは用途次第だと思います。
寒い冬をぬくぬくと過ごしたい!
わたしはそれだけの用途ですので、プレミアムマイクロファイバーを選びました。



プレミアムマイクロファイバー毛布の主要製品

いくつものメーカーからプレミアムマイクロファイバーを使った毛布が販売されています。
主要なものとしては「mofua(モフア)」「§REIN(レイン)」、アイリスプラザの「fondan(フォンダン)」などがあり、特にmofuaは有名で人気もあります。
そんなわたしもmofuaを使っており、ここまで書いてきた感想など、すべてmofuaのものとなります。

mofuaは寝具・寝装品を主に取り扱うメーカー「Niceday(ナイスデイ)」が手掛けるブランドで、その主力製品がプレミアムマイクロファイバー毛布です。

mofuaが人気の理由はなんといってもデザインの幅の広さ
用途や使う人の趣向に合わせ、商品を選択できます。

もうひとつ特徴的なのが1年保証付きというところ。
壊れたら治してくれる安心感というよりも、保証をつけられるほどに自信がある製品なのだとわたしは受け止めています。

その他、各ブランドとも機能面や価格面において大きな差はないように思えます。

正直、§REINやfondanで取り扱っているデザインの毛布は、mofuaのラインナップにあります。
ですので、プレミアムマイクロファイバー毛布を買うのであればmofua一択で良いのではないでしょうか。

mofua(モフア)の製品ラインナップ

プレミアムマイクロファイバーを使った毛布の他、着る毛布(プレミアムマイクロファイバーを使ったガウン)という素晴らしい商品もあります。
これがあればわたしのようにマントをまとわなくても良いのです(笑)

その他、mofuaの製品ラインナップは数えきれないほど。
今回は毛布がテーマですので、毛布中心にご紹介していきます。

ひざ掛け

ひざ掛けのサイズは70×100cmで、カラーは全20種類です。
オフィスなどでも重宝しそうですね!

写真は「チェック柄レッド」でAmazonの出品です。
Amazonではページ内で他のカラーを選択、それ以外は各通販サイト名ボタンから検索できます。

毛布(シングル)

毛布のサイズは140×200cmで、カラーは全20種類です。
わたしはこれを使っています。

写真は「グレー」でAmazonの出品です。
Amazonではページ内で他のカラーを選択、それ以外は各通販サイト名ボタンから検索できます。

毛布(セミダブル)

毛布のサイズは160×200cmで、カラーは全20種類です。
シングルよりも20cm幅広なセミダブル。
しっかりくるまりたいのならこちらでしょうか。

写真は「ベージュ」でAmazonの出品です。
Amazonではページ内で他のカラーを選択、それ以外は各通販サイト名ボタンから検索できます。

毛布(セミダブル)

毛布のサイズは180×200cmで、カラーは全20種類です。
このサイズなら2人でくるまれます。

写真は「グレー」でAmazonの出品です。
Amazonではページ内で他のカラーを選択、それ以外は各通販サイト名ボタンから検索できます。

ボリュームタイプ毛布(シングル)

毛布のサイズは140×200cmで、カラーは全8種類です。
1本1本の繊維にストローのような穴が開いた中空糸という繊維を使い、ボリューム感と保温・保湿性を増した製品です。
プレミアムマイクロファイバーは軽量且つ薄手なのが特徴ですが、もう少しボリューム感が欲しいという方のニーズに応えたのがボリュームタイプです。

写真は「グレー」でAmazonの出品です。
Amazonではページ内で他のカラーを選択、それ以外は各通販サイト名ボタンから検索できます。

ボリュームタイプ毛布(ダブル)

毛布のサイズは180×200cmで、カラーは全8種類です。
こちらも同様でボリュームタイプのダブルサイズです。
シリーズ内で最大ボリューム&最大サイズということになります。

写真は「アイボリー」でAmazonの出品です。
Amazonではページ内で他のカラーを選択、それ以外は各通販サイト名ボタンから検索できます。

着る毛布

続いては着る毛布。
サイズはフリーサイズで着丈110cm、カラーは全17種類です。
この肌触りの良い素材を身にまといたくなる気持ち、よくわかります(笑)
ポケットに手を突っ込み、フードをかぶれば「完全防護」です!

写真は「グレー」でAmazonの出品です。
Amazonではページ内で他のカラーを選択、それ以外は各通販サイト名ボタンから検索できます。

もっとあるmofuaのラインナップ

ここまで毛布を中心にご紹介してきましたが、その他「敷きパッド」「ボックスシーツ」「まくらカバー」「布団カバー」といった寝具一式や、「こたつ布団」「ルームブーツ」「抱きまくら」「ラグ」などプレミアムマイクロファイバーの特性が活きるであろう様々なジャンルの製品が発売されています。

その製品の幅広さを見たら、わたしが「mofua一択」といった意味がご理解いただけると思います。
本当になんでもあります

写真は「ルームブーツ(ブラウン)」でAmazonの出品です。
その他のmofua製品は各通販サイト名ボタンから検索できますので、ご興味のある方はどんな製品があるのか確認してみてください。




まとめ

今回はどうしてもご紹介したかったプレミアムマイクロファイバー毛布について語ってしまいました(汗)
だって、本当にすごいんです!
と、言葉ではなかなか伝えづらいのですが、価格的にも安価ですし、とにかく買って損のない製品です。

今使っている毛布は重い、温かくない、汚い、臭い、犬にボロボロにされた、猫が爪を研ぐ…(笑)
そんな「買い替えタイミング」の方は是非、次の毛布の選択肢としてご検討ください。
本当にすごいんです!(そればっかり)

暮らしカテゴリの最新記事