海外自転車メーカー「e-BIKE」の日本市場参入はどうなってる?日本で買える車種一覧

海外自転車メーカー「e-BIKE」の日本市場参入はどうなってる?日本で買える車種一覧
本画像及びアイキャッチ画像の出典元:Pinarello

2018年はe-BIKE元年ということで以前にも当サイトでその概要と人気車種について紹介させていただきまいした。

いまだに街ではあまり見かける機会が少ないe-BIKEですが、ようやく待ちに待った新モデルの発売シーズンがやってまいりました!!
いよいよ日本でもe-BIKEがすいすいと疾走する姿が見られそうです。

ということで、今回は特に気になる海外e-BIKEの日本参入状況と、今期購入することが可能なe-BIKEについて一挙にご紹介したいと思います。



海外自転車メーカーのe-BIKEが輸入できない理由

e-BIKEの先進である欧州諸国においてはカッコいいe-BIKEがたくさん販売されており、一大ムーブメントを引き起こすほどの人気となっています。
そんな状況ですので、各自転車メーカーもこぞってe-BIKEを発売しており、車種も選択に迷うほどの数があります。

あるはずなんです!!

ところが、日本において購入できる車種は限られており、そんな状況のためにいまいち人気に拍車がかからない。

なぜ、e-BIKE以外の自転車は全国展開されているのにe-BIKEだけは入ってこないのか。

それは日本のアシスト規制法が絡んでいました。

  • 人力と電力補助の比率は最大1対2(10km/h以下)
  • 10km/hから24km/hまで徐々に比率が下がり、24km/hで補助はなくなる

引用:ウィキペディア「電動アシスト自転車」

海外ではもっと規制が緩く、海外仕様のe-BIKEをそのまま日本には持ち込めない。
日本仕様に電動アシストコンポーネントをカスタマイズしなければならないのです。

スクーターのように単純なリミッターでは事足りません。
上記のようになかなか細やかな要求事項なので(汗)

このような理由により「日本での需要と共有が見込まれるまで」は各海外メーカーも手を出しづらい状況なのです。

そんな中、今期の日本のe-BIKE市場にはいくつかの海外自転車メーカーも何社か参戦しています。
MTBで有名なあのメーカーのe-BIKEが購入できるようになったのはかなりの前進だと思います。
今後、他のメーカーも続いてくることでしょう。

日本で購入可能な海外のe-BIKE

では、さっそくこの記事投稿時点において日本で購入可能(予約含む)な海外自転車メーカーのe-BIKEについてご紹介していきたいと思います。

TREK Verve+

出典:TREK

MTBで有名なTREK(トレック)より発売されたクロスバイクタイプのe-BIKE「Verve+(ヴァーヴプラス)」です。
電動アシストコンポーネントにはBosch(ボッシュ)を採用。
泥除けにスタンドもついた街乗りにも適したモデルです。

仕様

フレームセット
フレーム Alpha Gold Aluminum, custom designed for Bosch Active Line system, rack mounts, internal cable routing
フォーク Verve+ alloy
ホイール
フロントハブ Formula DC20 alloy
リアハブ Formula DC22 alloy
リム Bontrager Connection alloy, 32h
タイヤ Bontrager H5 Hardcase Ultimate 700x42c w/reflective strip
ドライブトレイン
シフター Shimano Alivio M4000, 9 speed
リアディレーラー Shimano Alivio T4000
クランク Miranda Delta, for Bosch Active Line, 38T steel, w/alloy guard
BB Bosch Active Line Plus, 250 watt, 25kph
カセット Shimano HG200, 11-36, 9 speed
チェーン KMC X9
ペダル Bontrager Satellite City pedal
コンポーネント
サドル Bontrager H1
シートポスト Bontrager SSR, 27.2mm
ハンドルバー Bontrager Approved alloy, 31.8mm
ステム Bontrager Elite, 31.8mm
グリップ Bontrager Satellite Elite, lock-on, ergonomic
ヘッドセット 1-1/8˝, semi-integrated, semi-cartridge bearings
ブレーキセット Shimano MT-200 hydraulic disc
アクセサリー
電池 Bosch PowerPack, 300Wh, frame mount
Controller Bosch Intuvia
Motor Bosch Active Line Plus, 250 watt, 50nm, 25kph
重量
体重制限 このバイクの重量制限(バイク本体、ライダー、装備含む)は300ポンド(136kg)です。

購入方法

トレックストアもしくはトレックコンセプトストアにて購入することが可能です。
購入可能なストアについては以下のリンクより検索することができます。

TREK公式 「Verve+」

TREK Dual Sport+

出典:CHIBA CYCLE

同じくTREKで2018年11月下旬に発売予定の「Dual Sport+(デュアルスポーツプラス)です。
電動アシストコンポーネントはVerve+と同様でBoschを採用。
ただしVerve+のものよりも大容量・大出力、そしてフレーム内に収めてあるためとてもスタイリッシュ!
待てるならVerve+よりもDual Sport+の方が断然カッコいいですよね?

仕様

カラー  Trek Black
サイズ S, M, L, XL
フレーム Alpha Gold Aluminum, Custom designed for Bosch Active Line system and PowerTube battery,rack & fender mounts, internal cable routing
フォーク  SR Suntour NRX 63mm
ホイール Bontrager Affinity, Tubeless Ready, 32h
タイヤ Bontrager LT2 Comp, Hardcase Light, 700x38c
シフター Shimano Deore M6000
フロントディレーラー N/A
リアディレーラー Shimano Deore M6000
クランク Miranda Delta, for Bosch Active Line, 38T
カセット Shimano HG50. 11-42T, 10speed
ブレーキ Shimano MT200 Hydraulic disc, 160mm rotor
重量  –

購入方法

現時点で発売前のため購入は不可能(2018年11月下旬発売予定)。
詳細が分かり次第、この記事でもご案内しますが、Verve+と同様にトレックストアもしくはトレックコンセプトストアでの購入になると考えます。
最新情報はTREK公式サイトをご確認ください。

Bianchi CAMALEONTE-E

青緑のチェレステカラーで有名なイタリアの自転車メーカーBianchi(ビアンキ)の「CAMALEONTE-E(カメレオンテE)」は人気車種であるCAMALEONTEに電動アシストコンポーネントを追加したクロスバイクモデル。
街で良く見かけるチェレステですが、エンジンを積んでるコイツは他とは走りが違います。

仕様

カラー マットチェレステ
マットダークグレー
サイズ 43
充電可能回数 約500~700回
充電時間 約2.5時間
定格電圧 36V
バッテリー容量 156Wh(4.3Ah)
フレーム Alloy
フォーク Steel 1.1/8”
ヘッドセット FSA No.11N
シフター Shimano SL-M310
Fディレーラー
Rディレーラー Shimano Tourney TX
クランクセット SR Suntour sensor crank set 42T 170mm
BB Cartridge BB unit 70mm
チェーン KMC 8sp
スプロケット Shimano CS-HG200 8sp 12/32T
ブレーキ Shimano BR-T4000
ブレーキレバー Promax LC-BL46
ハブ SR Suntour Front hub motor 250W 36V / Formula FM-32 135mm
リム Jalco DM23 36H
タイヤ Kenda Kwick Tendril 700x32C
ステム HL TDS-D345B-8 FOV 70mm
ハンドルバー HL MTB-AL110BT FOV 31.8mm 560mm
グリップ Propalm HY-1036
シートポスト Promax SP-222 27.2x350mm
サドル Velo VL-1829
ペダル VP-856
参考重量

購入方法

各ネット通販サイトもしくはBianchi公式ストアにて購入することが可能です。
※通販サイト名ボタンのクリックで最安値を検索できます。

Bianchi公式



BESV TRS1

出典:BESV公式

台湾のIT系企業であるBESV(ベスビー)はこれまで日本のe-BIKE市場を席巻してきました。
そんなBESVからは3車種のe-BIKEが登場。
こちらはMTBモデルの「TRS1」です。
電動アシストコンポーネントはSHIMANO STEPSを採用。
そしてフレームはなんとカーボン!
e-BIKEを専門としているだけあり、デザインから仕様から全て洗礼されています。

仕様

フレーム カーボンファイバー
フォーク RockShox Recon 120mm travel
寸法 1830 × 980 × 695 mm
重量 19.3 kg
ギア Shimano SLX 11S
モーター SHIMANO STEPS 250W Mid Motor
ブレーキ Shimano DEORE/ hydraulic
タイヤ 27.5×2.6 /MAXXIS (CST) / REKON TB91145200 / 幅
アシストモード 3モード
バッテリー 14.0Ah リチウムイオンバッテリー
充電時間 約4時間(最大5時間)
走行可能距離 High mode=95km / Normal mode=130km / Eco mode=140km

購入方法

各ネット通販サイトにて購入が可能です。
※通販サイト名ボタンのクリックで最安値を検索できます。

BESV JF1

出典:BESV公式

続いてのBESVはクロスバイクモデルの「JF1」です。
メインコンポには信頼性の高いShimano Deore 10sを採用。
フレームはアルミです。
街乗りにも向いているスペックですね。

仕様

フレーム アルミニウム
重量 16.1kg (XS) / 16.2kg (M)
ギア Shimano Deore 10s
ブレーキ PROMAX mechanical disc brake
タイヤ 700x35C(仏式)
全長 1745mm (XS) / 1755mm (M)
バッテリー 36V/7.0Ah リチウムイオンバッテリー
充電時間 約3.5時間
最大走行可能距離 115km / 58km
カラー グロスホワイト、マットブラック

購入方法

各ネット通販サイトにて購入が可能です。
※通販サイト名ボタンのクリックで最安値を検索できます。

BESV JR1

BESVの3車種目はロードバイクモデルの「JR1」です。
アルミフレーム内にバッテリーを収納し、重量はわずか15.7kgという軽量さ。
メインコンポには新型SHIMANO 105を採用。
どんだけ走るんだろうと期待してしまうスペックです。

仕様

フレーム アルミニウム
重量 15.7kg (XS) / 16kg (M)
ギア Shimano 105 11s
ブレーキ Shimano 105 hydraulic
タイヤ 700x25C(仏式)
全長 1665mm (XS) / 1680mm (M)
バッテリー 36V/7.0Ah リチウムイオンバッテリー
充電時間 約3.5時間
最大走行可能距離 138km / 64km
カラー ホワイト、ブラック

購入方法

各ネット通販サイトにて購入が可能です。
※通販サイト名ボタンのクリックで最安値を検索できます。




まとめ

海外の自転車専門メーカーとして日本市場参入への先陣を切ってきたのはTREKとBianchiですが、やはり力の入れ具合はBESVが群を抜いています。
TREKもBianchiも欧州向けにはもっとたくさんのモデルがあり、今回ご紹介したようなモデルの売り上げを見て、他のモデルも投入してくるものと思われます。

また、注目のGIANT(ジャイアント)やSPECIALIZED(スペシャライズド)、トップ画像にさせていただいたPinarello(ピナレロ)など主要な海外自転車メーカーのe-BIKEはいつ日本に上陸するのか。
そんな動向も楽しみです。

いずれにせよ今後のe-BIKEの盛り上がりに期待です!

暮らしカテゴリの最新記事