ペヤングやきそば味ふりかけと春キャベツで炊き込みご飯を作った

ペヤングやきそば味ふりかけと春キャベツで炊き込みご飯を作った

たまにプルプル震えちゃうほど食べたくなるペヤングソース焼きそば。

その味をご飯に!ということでペヤングやきそば味ふりかけという商品が発売されているのをご存知ですか?

ペヤングファンならもちろん知ってますよね?

このふりかけ、ペヤングの味が忠実に再現されていると話題なのですが、ただご飯にかけるだけじゃつまらない。

もっと本格的にペヤング焼きそば味のご飯を楽しみたい!

ということで、このふりかけをベースにした炊き込みご飯を作ってみました。



ペヤングやきそばふりかけの成分

炊き込む前にその成分を確認。

主な成分がパン粉(笑)

意外でした…ふりかけのあのつぶつぶした感じってパン粉だったんですね。

その他、砂糖や塩、しょうゆなどの調味料。

具材としては鶏肉そぼろやほうれん草やごま等…。

実に複雑な調合です。恐るべしペヤング。

これを参考にして、レシピを考案しました。

材料

材料はこんな感じにしました。

材料 分量
ペヤングやきそばふりかけ 1袋
2合
370ml
豚挽肉 100g
きゃべつ 2~3枚
中濃ソース 適量
紅しょうが お好みで

ペヤングやきそばふりかけは1袋全て使います。

前回作った「マックのポテトとナゲットの炊き込みご飯」は多少味が薄かったので、その教訓を活かして「中濃ソース」で濃い目の味を目指します。

なお、今回も炊き込みには炊飯鍋「魔法の炊飯鍋」を使用します。

作り方

作り方は簡単です。

写真の通りにやっつけていけば完成します。

まずは米を研いで370mlの水に30分ほど浸けておきます。

次にきゃべつをざく切りにします。

次にひき肉を1cm幅程度に刻んでおきます(炊き込み始めたら蓋を開けてほぐすことが出来ないため)。

炊飯鍋にふりかけと中濃ソースを投入します。濃い味が好きな方はソースは多めに入れた方が良いと思います。
ふりかけ単体だけではかなりの薄味なので…

ぐるぐると良く混ぜます。

目が回る写真(笑)

次に刻んだひき肉を入れます。

また混ぜます。

最後にきゃべつを入れます。

きゃべつは鍋に蓋をするような感じで上部に敷き詰めます。

具材の投入は以上。

炊飯鍋の蓋をして炊き込みます。

炊き込み時間の目安は以下の通り。
程よくおこげが出来る炊き込み時間です。

中火:8分
弱火:12分
蒸らし:10分




炊き上がり

さて、炊き込みと蒸らしが終わり、いよいよご開帳です(笑)

んー、色鮮やかなきゃべつが良い感じ

そしてソースが焦げた匂いが食欲をそそります。

しゃもじでまぜまぜ…

少しべっちょり感がありますか(汗)

きゃべつから水が出るからかな?

水分量と炊き込み時間は調整要ですね。

出来上がり

ということで、ペヤングやきそばふりかけときゃべつの炊き込みご飯が完成しました。

お好みで紅しょうがを添えると、地味な見た目を鮮やかにしてくれます(笑)

肝心のお味の方は…

なかなかの美味!てか癖になる味!

少ない材料にも関わらず、深い味わいがあります。

さすがペヤング…だてに色々とわけのわからない成分が入っているわけじゃない(笑)

ソースは多めでもいいかもしれません。

370mlの水に入れても負けないくらいの分量。そんな目安で(笑)

まとめ

白いご飯にただふりかけてもおいしいペヤングやきそば味ふりかけですが、色々とアレンジが出来そう。

サラダなんかにも良いかもなぁ…

ってか普通にペヤングが食べたくなってきた(笑)

暮らしカテゴリの最新記事