2018/7/25 サイトデザインの変更を行いました

鍵の閉め忘れが心配なあなたを安心させてくれるスマートロックの進化が止まらない

鍵の閉め忘れが心配なあなたを安心させてくれるスマートロックの進化が止まらない

朝が苦手な私はいつもバタバタと準備をし、仕事に出かけます。
大体玄関を出て10mくらい進んだところで

あれ?カギ閉めたっけ?

となり、ダッシュで確認に戻ります。

挙句の果てには…

引用:新やまちゃんの記録

 

玄関前で指差呼称(笑)

こんな不安な気持ちを取り除きたい。

ということで、今回は鍵の閉め忘れを防止するためのアイデアについてお話ししたいと思います。



閉めると鍵の持ち手の色が変わるMIWAの「チェッキー」

MIWAって知ってますよね?

良く見る鍵に書いてあるロゴ。

これです。

引用:MIWA

 

ディスクシリンダータイプの鍵が簡単にピッキングされることで有名なMIWAです(汗)

このMIWAから販売されているのが「ChecKEY(チェッキー)」という製品。

鍵の持つ部分につけるグッズで、鍵を挿し回すと表示窓の色が変わる

鍵を抜くとその色が固定される。

引用:MIWA

 

この仕組みを使って、最終的に鍵を閉める方向に回したかそれとも忘れて開けっぱか判断ができる。

すごくないですか?このアイデア!

私達(勝手に皆さんを同類だと思っている)が求めていた「わかりやすい」且つ「導入しやすい」アイテムがこのChecKEY(チェッキー)なんです。

ただ、このChecKEY(チェッキー)…

残念なことにMIWAさんの鍵の特定の種類(U9/URキー、PR/PSキーのみ!)にしか付けられないみたいなんです(涙)

MIWA製の鍵を使っている方には非常に安価なので是非おすすめしたいです。

 

 

ただMIWAさんのギザギザの鍵…閉めても開けら(略

ということで、物理的に「ChecKEY(チェッキー)」を導入できない方にもっとおすすめなのが「スマートロック」というもの。

スマホで鍵の施錠/開錠が行え、遠隔から施錠状態の確認もできる「我々にとっての救世主」となりうる…

 

まさにロックの神様なのです(笑)

 

ロックの神様「Aerosmith」



賃貸でも簡単に設置可能な「Qrio Smart Lock(キュリオスマートロック)」

おそらくこの種の製品では日本で一番売れているQrio(キュリオ)」というスマートロックです。

この製品を例に「スマートロックとは何ぞや」というところをご紹介したいと思います。

引用:Amazon

まず、外観です。
このドアのサムターンのところに覆いかぶさるように設置されているのがQrio Smart Lock (キュリオスマートロック) です。

まず特徴的なのがこの小ささ。

自宅のサムターン周りに違和感なく設置。特殊なものが付いているのにそうは感じさせないまさにスマートなデザイン

そして取り付けがめちゃ簡単!

内扉への固定は両面テープ。穴あけは不要。

色々な大きさ・形状のサムターンに対応できるようアタッチメントも豊富に用意されており、大抵の家の鍵に取り付けることが可能です。

そして充実の機能!

まず、アプリで鍵の施錠/開錠ができます。
これができなきゃ何も始まりません(笑)

このQrio Smart Lock (キュリオスマートロック)のすごいところは友人や恋人にLINEやfacebookなどのメッセージ送信で「一時的なキーシェア」ができること。
そして、我々が最も望んでいる機能「オートロック」が設定できることです!

以下、Qrio Smart Lock (キュリオスマートロック)の公式製品紹介動画です。

どうですか?素晴らしくないですか?

オートロック機能を使えば閉め忘れの心配なしですよ!

あと、キーシェアを使えば合鍵など作る必要がなく、スマートに恋人を部屋に呼ぶことが可能です。

はい!そこの男子!ニヤニヤしない!

以下、Qrio Smart Lock (キュリオスマートロック)の公式設置・設定ガイドの動画です。
アプリの設定もドアへの設置も非常に簡単で且つ幅広い種類のサムターンに対応していることがわかります。

そしてさらにすごいのが、オプション製品の「Qrio HUB(キュリオハブ)」を併用することで、遠隔から施錠状態の確認施錠/開錠の操作ができてしまいます。

この機能さえあれば、私は10m歩いて「鍵閉めたっけ?」となっても後戻りせず、前に進みながら施錠されていることを確認できるのです。
(歩きスマホは危険です)

引用:Amazon

 

オートロックだけではなんとなく不安な方家にWi-Fi環境がある方は、このQrio HUBも併用することでさらに安心感が広がり、幸せになれます(笑)

Qrio Smart Lockは実売価格で18,000円前後。

Qrio HUBは9,000円前後。

合計で26,000円くらい。

これを高いと考えるか安いと考えるか。

オートロック」「キーシェア」「遠隔からの施錠確認

この「夢の3機能」を節に望んでいる我々にとって、26,000円程度で安心と充実が手に入るのなら安いもんじゃないでしょうか。

 

ちなみにQrio Smart Lock (キュリオスマートロック) を取り付けたからといって、これまでの鍵で開け閉めできなくなるわけではありません。

私的には普段は普通に鍵を閉め、気になったらQrio Smart Lock & HUBで外出先から施錠状態を確認

急な来客の際はキーシェアで最先端行ってる感をアピール

こんなところでしょうか(笑)

まとめ

暮らしカテゴリの最新記事